読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

障害者車探し沖縄

障害をお持ちの方のお車探しメンテナンスをしています。

身体障害者手帳の等級

障害が1級~6級だと認定された場合に、身体障害者手帳が交付されます。

等級の数字は、数が増えるほど障害の程度が軽い事を意味しています。

 

身体障害者手帳の等級は、

全てのタイプの障害が1級~6級まである訳ではなく

障害の内容によって何級まであるのかが変わってきますので、以下に記しておきます。

 

視覚障害・・・・・1級~6級

聴覚平衡機能障害・・・・・2級~6級

音声言語機能障害・・・・・3級~4級

肢体不自由・・・・・・1級~6級

 

内部障害・・・・・1級~4級

(心臓機能障害や呼吸機能障害、腎臓機能障害などの方は内部障害に該当します。)

 

この手帳の等級によって、受けられる福祉制度が変わってきます。
(当サイトでご紹介している福祉制度も、等級によっては受けられない制度が多くあります。)

 

また、手帳には「第一種」と「第二種」という記載がありますが

この第○種というのは、

JRの運賃や飛行機の航空運賃の割引きサービスを受ける時などに必要となります。

間違えやすいのですが、○級だから第○種だとは決まっていません。

視覚障害や肢体不自由、心臓機能障害など・・・ 障害の内容と等級によって

第○種というのが決められています。

ですので、受けられる福祉制度を調べる際には

ご自身の等級ですと、どの福祉制度が利用可能なのか注意してご覧下さい。

 

【注意事項】
身体障害者手帳の交付条件などについては、今後変更される可能性もあります。
あくまでも当サイトは私達の場合としての参考サイトなので、
詳しくはお住まいの地域の各自治体などにお問い合わせ下さい。

 

身体障害手帳についての体験記か引用

広告を非表示にする